治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
EAP(従業員支援プログラム)
・法人向け EAP事業のご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

高額療養費制度の仕組み

 高額療養費制度とは、月の入院を含む医療費が一定の金額を超えた際に加入している医療保険により超過分の医療費全額が負担される制度のことです。この一定の金額は、自己負担額として定められており個人の所得や年齢により異なります。

負担額の規定

<70歳未満の方の場合>
所得区分 1か月の負担の上限額 4回目以降(※)の
負担の上限額
上位所得者
(総所得600万円
 以上の方など)
150,000円+(医療費-500,000円)×1% 83,400円
一般 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
低所得者
(住民税非課税の方)
35,400円 24,600円
(※)過去1年以内に4回以上の高額療養費の支給がある場合、負担の上限額がさらに
引き下がります。

 70歳以上の方や過去1年以内に3回を超えて高額療養費の支給を受けている場合、自己負担額が異なります。また世帯合算を利用し同一世帯内でまとめて受給申請をすることができるので、個別での申請より負担を軽減することが可能となっています。

支給の対象となる医療費

 保険適用となる医療費が対象となりますので、入院にかかる「食費」・「居住費」及び「先進医療にかかる費用等」は対象外となっています。

申請方法

 加入している医療保険に高額療養費の支給申請書を提出することで申請を行うことができます。ただし、審査には最低3カ月程度かかりますので、緊急で医療費が必要である場合には無利息の「高額医療費貸付制度」の利用を検討してみてください。また、入院費用の支払いであれば、事前に加入している医療保険に「限度額適用認定証」を発行してもらうことにより、窓口での負担額を自己負担額の上限に抑えることもできますのでぜひ検討してみてください。

申請の期限について

 月単位であれば複数の診療科での会計を合算し高額療養費として請求することが可能です。ただし、支給申請の期限は受診翌月の初日から2年と定められているのでそれ以前の請求権は無効となるので注意が必要です。