治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

精神障害者保健福祉手帳について

 精神障害のため日常生活に制約のある方が手帳を取得することで、さまざまな社会的支援を受けることができるようにし、 精神障害者の自立と社会進出を推進していくものです。「精神保健福祉手帳」または「精神障害者手帳」と呼ばれています。

対象となるのは

 全ての精神疾患を対象に、疾患により長期的に日常生活に困難を抱えている人が対象となります。

障害等級


等 級 状 態
1級 日常生活を自分ひとりの力では営むことのできない状態。
2級 日常生活の一部に困難がみられ、助言や援助が必要とされる状態。
デイケアや作業所に参加できる程度。
3級 保護的配慮のある環境ならば、ひとりで日常生活を営むことのできる状態。

手続きの窓口

 市区町村の障害福祉課または保健所にて下記必要書類と共に申請を行うと、1~2カ月で手帳が発行されます。

必要書類

<診断書による申請の場合>
・申請書
・診断書
(初診から6カ月以上経過した日以降に精神保健指定医により
記入されたもの)
・本人の写真
<障害年金証書による申請の場合>
・申請書
・年金証書の写し
・年金の振込通知書
・障害種別
・等級照合の同意書
・本人の写真

手帳のメリット

 手帳を取得することで、以下のような支援を受けることが出来ます。

・障害基礎年金の受給
・福祉サービスの利用
・各種税金の控除
・公共施設利用料の割引