治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

不眠症

不眠症とは?

 誰でも、眠れなくて困ったという経験が一度や二度はあるでしょう。心配ごとを抱えているときや、「枕が変わると眠れない」など原因はさまざまですが、しばらくしてまた眠れるようになれば、それほど心配することはありません。
 しかし、不眠が改善せず、日中の生活に影響がみられるようになったら注意が必要です。

 「不眠症」とは、なかなか寝つけない、夜中や早朝に目が覚めてしまう、熟眠できないなど睡眠の問題が続いており、日中にだるさや意欲低下、集中困難、食欲低下などさまざまな不調がみられ、生活に支障をきたしている状態をいいます。
 よく「睡眠時間が短いから不眠症だ」と心配される方もいますが、睡眠時間には個人差があります。不眠症の診断には、実際に眠った“時間”よりも、“眠れないために起こった生活の質の低下”がポイントになります。

不眠は国民病!?

 日本人を対象にした厚生労働省の調査によれば、成人の5人に1人は、睡眠に何らかの問題を抱えているといいます。不眠症は男性より女性のほうがやや多く、20~30歳代に始まり、中年、老年と加齢にともない増加する傾向にあります。不眠症は特殊な病気ではなく、よくある病気なのだと認識しましょう。

こころの病を引き起こす場合も

 不眠の症状がある人は、うつ病などのこころの病にかかりやすくなることが分かってきました。睡眠による心身の休養感が得られなくなると、日中の注意力や集中力の低下、頭痛やその他の不調が現れやすくなり、意欲が低下すると報告されています。

不眠症のタイプ

 不眠症は、症状によって次の4つのタイプに分けられます。
入眠障害 寝つきが悪く、30分~1時間以上経っても眠れないタイプ。ストレスや不安などメンタル面の不調を抱えているときに起こりやすいといわれています。
中途覚醒 睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きた後、なかなか寝つけないタイプ。不眠の訴えの中で最も多く、中高年の方によくみられます。
早朝覚醒 朝、通常より早く目が覚めてしまい、その後、寝つけなくなってしまうタイプ。年齢とともに睡眠が浅くなる高齢者に多くみられます。
熟眠障害 ある程度の時間は眠ったのに、ぐっすり眠れたという満足感(休養感)が得られないタイプ。他の不眠症のタイプと併発する場合が多くみられます。
 これらのタイプが1つだけみられる場合もあれば、複数のタイプを伴う場合もあります。タイプによって治療法等も変わってきますので、まずは自分の不眠の症状がどのタイプなのかを知っておきましょう。

次のページでは、▼不眠症の原因についてお伝えします。
 

>不眠症