治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

発達障害について

あなたのその症状は、発達のアンバランスが原因かもしれません


忘れ物やミスが多い、周りとのコミュニケーションがうまくいかない、遅刻が多い、大事なものをなくしてしまう…。
どうすればいいのか頭ではわかっているのに、できなくて苦しんでいる方へ。
それは、あなたの努力や注意が足りないのではなく、発達のアンバランスが原因かもしれません。
発達障害の方は、自分の発達特性を知り、正しく対応することで、生活が楽になることがあります。

発達障害とは?

 発達障害とは、脳の機能障害のひとつで生まれつき脳に発達上の特性(偏り)があることで、「社会性」「コミュニケーション」「興味・活動」といった分野において、なんらかの障害や困難がみられる状態をいいます。
 発達障害の代表的なものとしては、「注意欠如・多動症(ADHD)」「限局性学習症(SLD)」「自閉スペクトラム症(ASD)」(自閉症、アスペルガー症候群<AS>、高機能自閉症<HFPDD>)などがあげられます。知的な遅れがみられない発達障害の場合は、本人や周囲も障害に気がつきにくく、必要なサポートを受けられていない人がたくさんいます。
 さらに発達障害が複雑でわかりにくいのは、家庭や学校環境など二次的な心理社会的要因によっても障害のあらわれ方に違いがあったり、複数の発達障害を併発したりすることが多い点です。大人になってうつ病や不安障害などの二次障害や合併症をともなうケースも少なくありません。
 発達障害は根本から治すというものではありません。しかし、本人や周囲が障害にいち早く気がつき、発達特性を正しく理解して適切に対応することで、能力を伸ばし、社会に適応しやすくなります。

※「発達障害」はDSM-5で「神経発達症群/神経発達障害群」に名称変更されました。本サイトでは多くの方がご存知の「発達障害」の名称を使用しています。

発達障害イメージ

ADHD(注意欠如・多動症)

 ADHDは、全般的な知的能力は標準であるにもかかわらず、不注意、多動性、衝動性が見られ、日常生活にさまざまな支障をきたします。

▼ADHDの症状

不注意:
  ケアレスミスが多い。整理整頓が苦手。集中力が持続しない、など。

多動性:
  じっとしていられない。手足や身体の一部をそわそわ動かす、など。

衝動性:
  せっかち。おしゃべり。順番を待てない、など。

自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群・高機能自閉症)

 アスペルガー症候群(AS)、高機能自閉症(HFPDD)は、「自閉スペクトラム症」と呼ばれるようになりました。アスペルガー症候群は、言葉の遅れを伴わない自閉症、高機能自閉症は知的障害を伴わない自閉症をいいますが、明確な境界線を引くことは難しいといわれていました。自閉スペクトラム症の「スペクトラム」とは、虹色のように段階的に存在するという意味です。

▼自閉スペクトラム症(ASD)の症状

社会性の問題:
  周囲とうまく関われない。トラブルを起こしやすい、など。

コミュニケーションの問題:
  一方的でまとまりのない話をする。冗談を真に受ける。表情が乏しい、など。

想像力の問題:
  他人の感情が理解できない。想像力が乏しい。こだわりが強い、など。

自閉症

 自閉症は、「言葉の発達の遅れ」「対人・社会性の問題」「パターン化した行動・強いこだわり」の3つの特徴をもち、3歳までには何らかの症状があらわれます。最近では、特別な支援をあまり必要としない人たちまでを含めて「自閉スペクトラム症」とよばれることもあります。

▼自閉症の症状

言語・コミュニケーションの問題:
  呼びかけに反応しない、オウム返しをする、言葉の意味を理解するのが難しい、など。

対人・社会性の問題:
  目を合わせようとしない、表情が乏しい、相手の気持ちや場の空気が読めない、など。

パターン化した行動・強いこだわり:
  興味が限定的。反復的で常道的な行動や活動をする、など。

限局性学習症(SLD)

 限局性学習症(Specific Lerning Disorders)は、知能に大きな問題がないにもかかわらず、「読む」「書く」「計算する」といった学習技能のいずれか1つ以上がうまくできない状態をいいます。

▼限局性学習症(SLD)の症状

「読むこと」の問題:
  単語を発言できない。音読はできるが意味は理解できない、など。

「書くこと」の問題:
  単語が書けない。簡単な文字や文章しか書けない、など。

「計算すること」の問題:
  数字の位や繰り上がり、繰り下がりが理解できない、暗記ができない、など。

「推論すること」の問題:
  算数の応用問題や証明問題などが苦手。長文読解や推測するのが苦手、など。

「運動すること」の問題:
  全身を連動させて運動するのが苦手。動作がゆっくり、など。

>発達障害について