治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

うつ病について

現代日本では、うつ病が増えています

 現在、わが国では、受診しうつ病と診断されている患者さんが100万人以上います(※1)。近年、この数は、増え続けています。経済やシステム構造の進歩が激しく、生活環境もめまぐるしく変化する現代社会では、一人ひとりが急激な変化や進歩に対応する必要があります。そうした社会背景が、うつ病の患者さんを急増させているのかもしれません。また、うつ病に関する知識が広まったことや、精神科の受診が以前よりも気軽にできるようになったことから、うつ病を疑って受診する人が増えているという背景があります。
うつ病と気づかなかったり、専門医に受診できずに苦しんでいた人が、適切な治療を受けられる機会が増えているともいえるでしょう。

※1 世界精神保健調査日本調査(WMHJ)による。

うつ病は、誰もがかかる可能性のある病気です

 うつ病になるのは、「こころが弱いから」「周りに甘えているだけ」などといわれることがありますが、決してそのようなことはありません。また「まじめで几帳面な人がかかりやすい」という言い方もされます。まじめで几帳面な人は、うつ病を発症しやすい傾向があるとされていますが、うつ病には様々なタイプがあり、必ずしも性格だけが原因で発症する訳ではありません。
 うつ病は、誰もがかかる可能性のある病気です。このように、うつ病をその人の性格のせいにしてしまうといった誤解は、その人を苦しめ、適切な治療を受ける機会を奪ってしまうことになりかねません。すべての人が、うつ病に対する正しい知識を持ち、適切に対応することが大切といえるでしょう。
Q うつ病だと言われました。同じような患者さんはどのぐらいいるのでしょうか?
A 精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しています。厚生労働省の資料によると、精神疾患で医療機関にかかっている患者数は2011年は320万人。内訳をみると、多いものから、うつ病、統合失調症、不安障害、認知症などとなっています。
 近年は、うつ病や認知症などが著しく増加しており、2011年のうつ病で医療機関を受診した患者数は、95.8万人にのぼっています。 この数字は、あくまで医療機関を受診した数であり、未受診の人を加えるともっと多くのうつ病患者がいるといえるでしょう。

>うつ病について