治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

うつ病の患者さんを支えるときのポイント

Q 家族の一員から「うつ病になった」と打ち明けられました。どんな対応をすべきですか?
A まずは冷静に話を聞きましょう。家族の一員から突然うつ病といわれたら、誰もが驚き、ショックを受けるものです。患者さん以上に動揺し、パニック状態に陥ることもあるでしょう。しかしこうした家族の不安な状態は、患者さんの精神状態にも悪影響を及ぼします。まずは冷静に。患者さんの話をひとまずはじっくりと聞きましょう。
Q 仕事が趣味だった夫に、休職をすすめるのは逆効果でしょうか?
A うつ病治療の基本は、休養をとることです。奥さんの目には「仕事が趣味」と見えても、実際にはプライベートを犠牲にしてまで仕事をしなければならない、苦しい事情があったのかもしれません。
 うつ病の患者さんは会社から離れることに抵抗を感じる人もいますが、人生を長いスパンで捉え、今は治療に専念することがベストであると伝えましょう。
Q 家族がうつ病ではないかと思うのですが、本人は受診を嫌がります。
A  うつ病の患者さんの中には、やたらと自分を責め、自分のつらい症状は病気ではないと考える人がいます。
 患者さん自身の眠れていない、食欲が落ちているなどといった症状を指摘し、だから受診が必要なのだと論理的に納得をさせることが重要です。
こうした人を受診させるために、「私の体調が悪いので、診察についてきて欲しい」などとウソをついて医療機関に連れていくのは禁物です。

>うつ病の患者さんを支えるときのポイント