治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

大切な命を守るために~自殺願望への対応~

Q 「死にたい」といわれたら、まずはどう対処すべきですか?
A まずは冷静な対応を。そして大事なのは「共感」です。突然のことにあわててしまい、「バカなことをいわないで」などと口走らないようにしましょう。本人は、なぜ死にたいほどつらいかを理解して欲しいのかもしれません。それを「いわないで」という言葉によって拒絶してしまうことになり、患者さんは更に落ちこみ、孤独を感じるようになります。
Q 自殺の危険性が高まると、どういうサインがあらわれますか?
A 強いイライラや、身辺整理には要注意です。具体的に自殺を企てている患者さんは、手紙や写真の整理を始めたり、大切なものを人にあげるといった行動がみられるようになります。また、実際に自殺未遂を経験した人の多くが、行動を起こす直前に強いイライラ感やもどかしさを感じているとされています。
 これらの行動がみられたら、自殺の危険性が非常に高まっていると捉えるべきです。
Q 自殺防止のため、家族はどのように見守ればよいでしょうか?
A 飲酒は自殺行動を助長する危険性が高まります。アルコールを遠ざけましょう。「死にたい」という気持ちが高まるのは、およそ1~2日間とされています。この間は、患者さん自身が自殺のために何か準備をしていないかを見張るとともに、アルコールを手の届く範囲から遠ざけることが重要です。アルコールは中枢神経系を抑制する働きがあるため、判断力が弱まって行動がコントロールできなくなり、自殺行為に及ぶ危険性を高めます。

>大切な命を守るために~自殺願望への対応~