治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

休養期間中のポイント

Q 気晴らしになるからと、毎日お酒を飲んでいますが大丈夫でしょうか?
A 治療中はなるべく断酒を。治療中の飲酒については、医師の間でも意見が分かれるところです。
 飲酒が抗うつ薬の働きに悪影響を及ぼすなど、マイナス要素が多いともいえます。患者さん自身でお酒の量をコントロールできないようであれば、治療を機に断酒することをおすすめします。
Q 近所の人や友人のアドバイスは参考にした方がいいのでしょうか?
A たとえ親切心からのアドバイスでも、すべてを参考にするのは危険です。こころの底から信頼できる友人であったとしても、そのアドバイスが医学的に正しいとは限りません。「うつ病は半年で治らなかったらダメみたい」などと、信憑性の低い情報にまどわされる必要はありません。不安なことがあれば、医師に相談して正しい知識を身につけるようにしましょう。
Q 日によって態度や様子が変わるのはどうしてでしょうか?そばにいて戸惑います。
A うつ病の患者さんの状態には、波があるのです。治療のはじめの頃はふさぎがちだった患者さんも、回復期に入ると調子のよい日があらわれるようになります。そんな日には患者さんの方から積極的に家事を手伝ってくれたものの、翌日にはまた不調の波があらわれることも。「なぜ今日は手伝ってくれないの」と責めたりせず、できた日に感謝の気持ちを表すようにしましょう。
Q 夫が長期休養に入ります。
 こどもには夫のうつ病を伝えるべきでしょうか?
A ある程度の年齢に達していれば、協力を得ることも可能です。例えうつ病であることを隠そうとしても、お子さんは以前とうって変わって元気をなくした親の変化を見て、不安な思いを抱くことでしょう。ある程度理解力のある中学生くらいの年齢であれば、うつ病であることを正直に話し、理解と協力が必要であることを伝えましょう。

>休養期間中のポイント