治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

うつ病を再発させないために

くすりを勝手に中止しないことが重要です

 うつ病の患者さんの多くにおいて、うつ病では、症状が強く出る急性期は平均3~4ヵ月とされています。くすりによる治療を行うことで、その後、症状が安定する回復期に入ります。症状が安定すると、治ったような気になり、自己判断でくすりの量を減らしたり、通院をやめたりする患者さんがいますが、それは非常に危険です。この時期にうつ病が悪化したり、いったんよくなったと思っても再発しやすいことが様々な研究からわかっており、原則として、抗うつ薬を服用しつづけることで、うつ病の再発を防げることがわかっています。現在、うつ病治療の中心となっている、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)と呼ばれるくすりは、比較的副作用が少なく、長期間、飲み続けても問題がないことがほとんどです。症状がなくなった後にも、うつ病の症状が強く現れていたときと同じように、抗うつ薬をきちんと服用しつづけることが大切です。医師は、様子をみながら状況に応じて、再発予防のためにさらに薬物療養を続けるか、くすりの量を減らしたり中止をするかなどの判断を行います。途中で勝手に薬をやめてしまったり、量を調節することは、せっかくの効果がムダになってしまいかねません。あせらず、気長に治療を受け続けることが何よりも大切です。

油断せずに、再発の兆しに注意を

 うつ病は再発することが多く、2~3年以内に50~80%が再発するという報告もあります。再発を防止するには、医師から処方されたくすりを服用しつづけるとともに、再発のサインを早めにキャッチし、できるだけ早く医師に相談することが重要です。症状が出ているにもかかわらず、「前回ほどひどくないから大丈夫だろう」とか「これ以上悪くなることはないはず」ととらえずに、すぐに受診するようにしましょう。再発を繰り返すと症状がひどくなることもありますので、少しおかしいと感じた時点で対処して、再発させないようにすることが非常に大切です。症状が落ちついても油断せずに、うまくうつ病とつきあっていくようにしましょう。
Q くすりが効いていないのではないかといった相談を医師にしてもよいものでしょうか?
A 患者さんによって、くすりの効き方が違う場合がありますから、医師に相談するとよいでしょう。医師は、必要に応じてくすりを変更したり、服用量を調節するなどの判断をします。もちろん、医師の判断によってそのまましばらく様子を見ることもあるでしょう。不安に感じることやつらいことは、些細なことでも医師に伝えるようにしましょう。

>うつ病を再発させないために