治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

休養がとれる環境をどうつくる?

休養を取ることがなによりも大切な治療です

 うつ病の治療において基本となるのが「休養」と「薬物療法」です。休養をとることで薬物治療も効果的に行うことができ、車の両輪のような存在といえるでしょう。休養と薬物療法はどちらが欠けても治療がうまくいきません。特に抑うつ状態の強い患者さんにとっては、休養をとることが非常に重要です。とはいえ仕事があったり、家事や育児があると、休むことがなかなか難しいでしょう。また、休むことに抵抗感を覚える人も多いでしょう。しかし、繰り返しになりますが、うつ病治療の基本は、休養とくすりです。休養は治療の一環です。こころとからだをしっかり休めることが大切です。休むことに罪悪感を覚えたり、マイナスイメージで捉えるのではなく、治療と捉えて積極的にこころとからだを休めてあげましょう。

しっかり休める環境をつくりましょう

 休むといっても、小さな子どもがいたり、家族の理解が得られないといった状況では、気持ちが休まらず、かえってこころに悪い影響をあたえてしまうこともあります。また、抑うつ症状の強い時期には静かな環境で安静を保つ必要がありますが、自宅だとつらい状況にもかかわらず、つい家事をしてしまうというといった状況もあるでしょう。そうした場合には、入院をしてじっくり休養をとるという選択肢もあります。医師とよく相談することが大切です。

自分のペースで生活のリズムを考えましょう

 なるべく3食は決まった時間帯にとり、一定の睡眠時間を保つなど、生活リズムを乱さないようにしましょう。気が向くようなら、散歩などの軽い運動を始めてみるのもよいでしょう。自分のペースで少しずつ、やりたいと思うことを実行していきましょう。つらいと感じることは、無理して行う必要はありません。「今は休養の時期だ」と割り切って、気が向くことだけをやるようにしましょう。実行してみて「楽だった」と感じることが、次の回復のステップへとつながります。
Q 休養時期には、自宅でどんなことをすればいいのですか?
A 自分自身をゆっくり見つめる時間、こころとからだの充電期間と考えて、無理に何かしようと考えないことが大切です。「自分一人が休んでいては申し訳ない」「この機会に何かをやらねば…」と、つい自分を追いこんで、何かをしようとしがちですが、焦って何かをやるのは、もっともよくないことです。

>休養がとれる環境をどうつくる?