治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

うつ病治療の実際

医師と一緒になって治療することが大切です

 どんな病気でも同じですが、医師は病気を治すお手伝いをしますが、病気を治す主人公は患者さん自身です。患者さんが主体的に治療に参加していくことが大切となります。特にうつ病は、一直線によくなっていくわけではなく、一進一退を繰り返しながら徐々によくなっていくのが一般的です。患者さん自身が「あせらず、ゆっくり、自分から」治療に取り組むことがとても重要で、しっかり休養をとり、きちんと薬を飲み続けることが回復を早め、再発を防ぐことにつながります。

症状が軽くなっても抗うつ薬を勝手にやめない

 抗うつ薬で治療を始めると、症状が徐々に軽くなっていきます。この時点で、「もう回復したから大丈夫だろう」と、自分の判断で抗うつ薬の服用をやめてしまったり、服用量を減らしてしまう患者さんが少なくありません。周りの人が「元気になったのなら薬は飲まないほうがいい」と、服薬中止を促してやめさせてしまうということもあるようです。
 しかし、医師に相談なく勝手に服薬をやめるのは非常に危険です。うつ病は、症状がよくなったり悪くなったりを繰り返しながら、回復していく病気です。少しよくなった段階で抗うつ薬の服用をやめてしまうと、最初の症状が再び出てきたり、別の症状が出てくることもあります。そして回復が遅れて長期化したり悪化し、なかなか治らないうつ病(難治化)になってしまうこともあります。たとえ、つらい症状がなくなったり改善したと思っても、しばらくは不安定な状態が続きます。その間は、抗うつ薬を飲み続けて様子をみることが大切です。医師は、患者さんの様子を見極めながら、少しずつ抗うつ薬を減らしていきます。 くれぐれも自己判断による服薬中止、減量をしないように注意しましょう。

お薬による治療で大切なこととは?

 お薬による治療を始める時期は、医師と患者さんとの良好な関係をつくるために大切な時期でもあります。医師は患者さんやご家族からの情報提供をもとに治療計画を立てますが、もし患者さんが処方されたお薬を、処方通りに飲んでいなかったら、その計画はうまくいきません。医師は、処方したお薬をきちんと患者さんが飲んでいるということを前提として治療計画を進めていきます。患者さんはもし何らかの問題でお薬が飲めない、飲んでいないならば、そのことをぜひ医師に伝えてください。そのことをぜひ医師に伝えてください。

うつ病治療にはご家族のサポートが大切です

 ほかの病気でもそうですが、特にうつ病はご家族のサポートが治療に重要な役割を果たす疾患。安心して休養できる環境と継続した服薬をサポートすることが大切です。例えば、患者さん本人が「もう大丈夫、薬はいらない」と言っても、途中で薬をやめることは危険であることを伝え、「せっかくここまで回復したのだから、お医者さんにいわれた期間はきちんと薬を飲んで、しっかり治していこうよ」と、治療を継続させるように支援するようにしましょう。また、「その薬、本当に効いているの?」「そんなにくすりを飲むの?」といった言葉は、本人の不安をかきたて服薬中断につながることもあります。心配して発する言葉であっても、治療への不安につながるような言葉は控えるようにしましょう。家族や身近な人は、患者さんにとって大きな支えです。とはいえ、支え続ける側の負担も少なくありません。ゆっくりであっても、うつ病は必ず回復に向かいます。病気への理解を深め、自分の心身の健康にも留意しながら、サポートするようにしましょう。

>うつ病治療の実際