治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

治療に使われるくすり

抗うつ薬はどんな働きをするのですか?

 うつ病の原因や発症のメカニズムは、はっきりとはわかっていません。現在、注目されているのは、うつ病の様々な症状は、脳の中で気分や意欲にかかわる働きをする神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンなどの量が減少し、情報伝達がうまくいかなくなるために起こるといった考え方です。抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンが再取り込みされるのを防き、働きを強めることで、情報がスムーズに伝わるようになると考えられています。

抗うつ薬について、詳しく知りましょう

 抗うつ薬には、化学構造によって三環系、四環系、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、NaSSA(ノルアドレナリ・セロトニン作動薬)などに分類されます。いずれも意欲や気分といった感情面に関係するセロトニンやノルアドレナリンの働きを強めて、抗うつ効果を発揮するとされています。三環系や四環系のくすりは、効果が強いもののセロトニンやノルアドレナリン以外にも影響を及ぼすことから、副作用があらわれやすくなります。現在、うつ病治療の中心となっているSSRIやSNRIは、比較的副作用が少なく、長期服用する上でも負担が少ないのが特徴です。

何種類もの薬が出ることがあるのはなぜ?

 うつ病では、神経伝達物質のバランスがとれないことから、覚醒状態が続いて眠れなくなることが少なくありません。不眠の症状がある場合には、抗うつ薬と一緒に睡眠薬を初期から併用することがあります。まず不眠の症状を取り除きながら、うつ病を治療していくのです。ほかにも、不安が強い場合には抗不安薬を併用することもあります。

SSRIの具体的なはたらきは?

 抗うつ薬が効くメカニズムを、SSRIを例に具体的に見てみましょう。神経細胞の末端からセロトニンが送り出され、神経細胞の末端にある受容体によって受け取られます。送り手の神経細胞には、受け手側で受け取られなかった神経伝達物質をもう1度取り込むシステム(再取り込み)があり、送り手の神経細胞にもその受容体があります。この送り手の神経細胞の再取り込みの受容体をふさいでしまい、再取り込みさせないようにして、神経細胞間にある神経伝達物質を増やすことで、働きを増強するのがSSRIです。

医師を信頼して指示通りの服用を

 抗うつ薬は、患者さんの状態に応じて少なめの量から処方されます。そして、からだの反応や副作用などの様子を診ながら、徐々に効果が出る量まで増やしていきます。抗うつ薬は、効果があらわれるまでに通常、2~4週間かかるといわれています。その間は、「効いていない」と思っても、やめずに飲み続けることが大切です。ある程度の期間、抗うつ薬を飲み続けても効果が出ない場合には、医師の判断で量を増やしたり、別の薬に変えることもあります。しばらく飲み続けて、抑うつ症状が治まったら、さらに再発の可能性を考えながら薬物治療を継続させます。そして、医師が安定したと判断した時点で、少しずつ抗うつ薬の量を減らしていき、最終的に治療を終了させます。抗うつ薬の量のコントロールはとても難しく、患者さんやご家族ではなかなか判断ができません。急に薬をやめることで、発汗、吐き気、ふるえ、不眠、混乱、悪夢、めまいなどの症状が出ることも少なくありません。さらに再発も起しやすく、うつ病がさらに悪くなることが報告されています。抗うつ薬の量や種類の判断は医師に任せて、指示どおりにきちんと服用するようにしましょう。

効果より先に副作用が出ることも

 抗うつ薬は、一般に効果が出るまでに2~4週間かかりますが、その前に副作用がでることが少なくありません。副作用で多いのは、眠気やだるさなどです。便秘や吐き気、下痢などの消化器症状も挙げられています。口が渇く、めまい、頭痛などもあります。抑うつ症状が改善されないのに、こうした副作用があらわれるというのはつらいもので、ここでくすりの服用をやめてしまう人も少なからずいます。しかし、それではうつ病の回復が遅れたり、悪化することになりかねません。抗うつ薬の副作用は、飲み続けると慣れてきて治まってくることが多いので、可能であれば少し様子を見るようにしましょう。どうしてもつらい場合には、くすりの量を減らしたり別の抗うつ薬に変更することもできます。遠慮なく医師に相談しましょう。大切なのは、抗うつ薬による治療そのものを続けていくことです。
抗うつ薬の主な副作用:吐き気 下痢 頭痛 便秘 口の渇き めまい 眠気 など

あせらず治療を受けることが重要です

 うつ病は、症状が消えた段階では、まだ完全に治っていないことがほとんどです。あせって、途中で薬をやめてしまっては、治療が長引いたり、うつ病が悪化することもあります。また、治りにくいうつ病へと進んでしまうこともあります。あせらず、気長に病気につきあい、ゆっくり治療を進めることが大切です。
Q うつ病のくすりは抗うつ薬だけなのですか?
A うつ病になると、眠れなくなったり、不安な気持ちが強くなったりします。人によっては、妄想が出ることもあります。それらの症状にあわせて睡眠薬や抗不安薬、抗精神病薬と呼ばれるくすりを、抗うつ薬と併用することがあります。また、身体に症状が出ている場合には、必要に応じて治療薬が出されます。

>治療に使われるくすり