治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

親がうつ病に

たびかさなる「喪失体験」が、うつ病を招くきっかけに

 うつ病というと人生の半ばで発症するイメージがあるかもしれません。しかし、高齢者においてもうつ病の患者さんは少なくないといわれています。高齢者においてはまず、加齢のせいで脳内にある神経伝達物質の量に変化が生じることが、抑うつ状態を招くとされています。そして年齢とともに経験する様々な喪失体験が、うつ病発症のきっかけになるのではないかと考えられています。例えば白髪や入れ歯といった外見の老化やちょっとした運動で転ぶといった身体機能の低下は、「若い頃は、こんなはずではなかったのに…」というはがゆい思いを生みます。
 更に退職による社会的立場の喪失、友人や夫(妻)といった親しい人との別離など人生における「喪失体験」が続き、「さみしい」「情けない」「自分は社会において役立たず」という考えから、抑うつ状態に発展するというものです。
よくあるケース「ひとり暮らし」
 高齢者がうつ病を発症するきっかけに、「長年連れ添った夫(妻)との死別」が挙げられます。大事な人の死に直面して落ちこむのと同時に、それまで何か問題が生じても身近に相談する相手がいたのが、ひとりになって強い不安や疎外感を感じるようになります。遠くに離れて住むこどもがいても、親のうつ病には気づきにくいものです。ひとり暮らしの高齢者は、うつ病を発症しても見逃されやすいことに注意が必要です。

うつ病と似た病気に、認知症があります

 高齢者の場合に問題となるのが、うつ病と認知症の見極めです。反応や行動が鈍くなる、ものごとに関心を示さなくなるといった共通点はありますが、うつ病と認知症では周囲の人が受け取る印象も異なるようです。例えば、同じように活気を失っても、認知症の場合はただ無気力でぼーっとやり過ごしているのに比べ、うつ病の場合は「つらい」「悲しい」などの訴えがみられます。また、認知症の患者さんではもの忘れの自覚がないものの、うつ病の患者さんの場合「思い出せない」という自覚があり、それが更に気分を落ちこませることにつながります。うつ病と認知症では治療法や家族がとるべき対応も異なります。そのため、高齢者でうつ病の症状があらわれたときには、念のため認知症でないかを疑い、医療機関に相談するとよいでしょう。
Q 高齢の父親がうつ病です。
遠く離れている為、どうすればよいかわかりません。
A ひとり暮らしの親をサポートするために、
遠くに住む息子や娘が自分の生活を犠牲にするのは最善の方法とはいえません。親族や近所の人の協力を得られない場合は、地域のサポート体制を有効に活用しましょう。うつ病は介護保険のサービスの給付対象となります。血のつながったこどもだからと抱えこむのではなく、社会資源をフルに活用することも考えるべきです。

>親がうつ病に