治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

身近な人がうつ病になったら

うつ病を正しく理解しましょう

 以前に比べ、うつ病に関する情報はマスコミなどを通じてかなり社会に浸透してきました。少し前なら、うつ病というと「こころが弱いからだ」「周囲に甘えている」という捉え方をする人が多かったかもしれません。今では「セロトニン」「ノルアドレナリン」が関連する病気、という考え方が広まりつつあるのではないでしょうか。

知識とともに、具体的な対応策を身につけましょう

 いくらうつ病のことを頭で理解できていたとしても、実際に自分の身近にいる人がうつ病になったとわかると、どう対応していいのかわからず不安になるものです。とはいえ、実際に家族や友人、会社の同僚や部下など身近な人がうつ病を発症したら、どう対応すればよいかわからず、混乱してしまうこともあるでしょう。もし身近な人からうつ病であることを打ち明けられたら、まずは冷静に受け止めることが大事です。家族がうつ病とわかったら、「原因は家庭内にあったのでは」と自分を責めるかもしれません。会社の同僚や部下がうつ病とわかったら、「この先休まれたら、仕事はどうやって回していけばいいのか」と動揺することもあるでしょう。うつ病に関する正しい知識を身につけ、理解を深めるとともに、「具体的な対応策」についても知っておく必要があるでしょう。

冷静に受け止め、振り回されない

 目の前にいる患者さんの発言や行動に振り回され、本人以上に混乱してしまう場合もあるでしょう。少しでも早く治って欲しいとの願いから「頑張って」と励ましたり、強引に旅行に誘ったりするなどの行動に出ることもあるでしょう。うつ病治療において難しいのは、周囲がうつ病の患者さんのためと思って起こす行動や発言が、患者さん本人にとっては更なる精神的負担を強いる場合もあるという点です。うつ病の患者さんと患者さんをとりまく人々の理想的なあり方について、「よくあるケース」を参考にしてください。
Q うつ病の症状があり受診をさせたいのに、本人が拒否する場合は?
A 本人が受診を嫌がる場合は、とりあえず家族が先に相談をすることも可能です。精神科や心療内科では、患者さんに関する家族の相談にのってくれるところがあります。患者さん自身を診察する訳ではないのでくすりが処方できないこと、健康保険の適用がないので自由診療となる点にご注意ください。

>身近な人がうつ病になったら