治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

ADHDと上手に付き合う(子ども編)

ADHDの子育てで大切なこと

 ADHDは脳の機能障害に起因しますので、親の育て方やしつけが原因ではありません。しかし、接し方が症状に影響を与えることはあります。

 ADHDの子育てで最も大切なことは、注意ばかりしないことです。ADHDの特性を理解しないままに、ただ厳しくしつけをしても、悪循環になるばかりです。ADHDのお子さんの多くは「わかっているのにできない」のです。そうすると必然的にほめられる回数も減り、自尊心が育ちません。自尊心の低さや自信のなさは、うつ病などの二次障害の背景となってしまいます。できないことを責めるのではなく、得意なことを伸ばし、成功体験を積んでいくことが、ADHDの子育てのポイントです。


実践してみよう!

ついうっかり忘れ物をしてしまう。
ADHDの子どもは、一連の活動や作業を行うために必要な記憶(ワーキングメモリー)が弱いことがあります。そのため、とにかく忘れ物が多く、毎日何かを忘れてしまいます。

・予定を忘れないように、メモやリストを活用しましょう。
メモを書いたら、常に目につくところに貼っておきましょう。
・思い出す練習をさせましょう。「○○を忘れないで!」ではなく、「今日は何か大事なことがあったよね?」と必要な情報を自分で思い出せるように、サポートしてあげましょう。
整理整頓が苦手で片づけられない。
ADHDの子どもは、どうすればうまく片づけられるのかがわかりません。部屋をすぐに散らかして、机やランドセル(鞄)の中もぐちゃぐちゃです。宿題やプリントなど、大事なものを無くしてしまいがちです。

・物の置き場所をきめる。「身の周りの整理をする」など、小さなステップから、ひとつずつこなしていく。
・大事なものをしまう用の箱を用意したり、仕切りを作ったり、整理整頓がしやすい環境に変える。
思いつきでやってしまう、言ってしまう。
ADHDの子どもはせっかちで、待つことが苦手です。また、相手の気持ちを考えずに思ったことをすぐに口にだしてしまいます。

・待つ練習をする。行動する前に深呼吸をしたり、「1、2、3」と数えたりするなどのルール作り、それを守らせる。
・言ってはいけないことのリストをつくる。言ってしまう、やってしまう前に「それは本当に言って(やって)いいことなのかな?」と自分に聞いてみる。
集中力が続かない。じっとしていられない。
ADHDの子どもは、集中するのが苦手です。授業中もじっとしていられずそわそわしてしまいます。 また、やらなくてはならないことを先延ばしにして、なかなか始められません。

・テレビやおもちゃなどの刺激物を排除して、周囲からの刺激を極力少なくする。
・毎日のスケジュールを決めて、生活を安定させる。
・最初から大変なことをせず、簡単なことから始めるようにする。
・学校の休み時間や放課後など、思いっきり身体を動かしてよい時間をうまく活用する。

>ADHDと上手に付き合う(子ども編)