治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

お薬Q&A

 精神科のお薬についてよくあるご質問をまとめました。
薬を飲み忘れた時はどうすればよいですか?
A.
多少時間がずれてもよいので、服用しましょう。
原則的にお酒はだめですが、少量の飲酒であれば服用してください。
飲み忘れて丸一日たってしまったら、2日分は服用せず、翌日から忘れないようにしましょう。
寝る前の薬は朝飲むと眠くなる可能性が高いので注意が必要です。
風邪薬を飲むから抗うつ薬は飲まない?
A.
処方薬、市販薬ともに、一緒に服用して問題ありません。
風邪薬に鎮静作用の強い抗ヒスタミンが入っている場合、多少眠気が強くなることがありますが、一緒に服用して大きな問題にはなりませんので、服用を中断することがないようにしてください。
車の運転はできますか?
A.
向精神薬を飲んでいる時は、車の運転や機械の操作などは避けましょう。
抗うつ薬、抗不安薬、睡眠導入剤などは、眠気、注意力、集中力、とっさの反射運動などに影響を与えることがあります。自分では大丈夫だと思っていても、思いもよらない事故につながる恐れがありますので、車の運転は避けてください。
食事をとらない時の薬の飲みかたは?
A.
大半の薬は、食事をとらなくても時間通りに飲んで問題ありません。食事をとらないから服用しないということがないようにしましょう。
  ただし、薬によっては食事の影響を考える必要がありますので、医師や薬剤師に確認しましょう。食欲がない場合でも、少しでも何かを食べてから服用することが望ましいです。
家族として気をつけることは?
A.
患者さんの薬の溜め込みに注意してください。
  特に、強い効能と強い副作用をもつ三環系抗うつ薬の溜め込みには注意が必要です。薬を1週間分以上余計にもっていないかを常に確認するようにしてください。
くすりの飲み合わせについて教えてください
A.
向精神薬を服用する際に、特に気をつけてほしい飲み合わせは次の3つです。
  • ・アルコール……酔いやすくなり、薬の効果が不安定になります。
  • ・グレープフルーツジュース……血中濃度が上昇し、薬の作用が強く現れます。
  • ・セントジョーンズワート+抗うつ薬……SSRIと同じような働きをするため、薬の作用が強く現れます。
0抗うつ薬を服用すると眠くて仕方がありません。
A.
抗うつ薬の副作用は「慣れてくる」ことがあります。
  何とか我慢できる程度なら、少し様子をみてみましょう。3日ほど過ぎると楽になってくることがあります。
  また、そもそもの睡眠時間やリズムも見直してみましょう。抗うつ薬を服用する時間を変えることで楽になることもあります。