治験ボランティア募集
・現在募集中の治験
・治験とは
・治験参加の流れ
・治験Q&A
・ボランティア会員の声
・ボランティア会員登録はこちら
カウンセリング
・カウンセリングのご案内
こころの悩みを抱えている方へ
・こころの病って何だろう?
うつ病
▶うつ病とは?
・うつ病の症状
・うつ病について
・うつ病の原因は?
・うつ病のタイプ
・うつ病発症のきっかけは?
・うつ病のサインを見逃すな!
・うつ病と神経伝達物質の重要な関連性
▶うつ病の治療
・どんな治療が必要?
・うつ病になったらどうしたらいいの?
・うつ病の治療の流れ
・治るまでにはどのくらい時間が
  かかる?
・治療に使われるくすり
・くすり以外の治療法は?
・うつ病治療の実際
・医師と考える最善の治療
▶うつ病との向き合い方
・休養がとれる環境をどうつくる?
・眠れなくてつらい場合は?
・自殺を考えたら
・気長に治療を続けましょう
・うつ病を再発させないために
▶大切な人がうつ病になったら
・身近な人がうつ病になったら
・夫がうつ病に
・妻がうつ病に
・親がうつ病に
・部下がうつ病に
▶うつ病の患者さんと向き合うための
  Q&A
・うつ病の患者さんを支えるときの
  ポイント
・休養期間中のポイント
・治療期間中のポイント
・大切な命を守るために
  ~自殺願望への対応~
双極性障害
▶双極性障害とは?
・双極性障害の症状
・双極性障害(躁うつ病)について
・双極性障害の原因は?
・双極性障害発症のきっかけは?
・双極性障害のサインを見逃すな!
発達障害
ADHD
▶ADHDとは?
・ADHDの原因
・ADHDの治療
・ADHDと上手に付き合う(子ども編)
・ADHDと上手に付き合う(大人編)
不眠症
▶不眠症とは?
・不眠症の原因
・不眠を解消するには?
・睡眠薬Q&A
・公的サービスについて
こころの病セルフチェック
・うつ病自己診断テスト
こころのセミナー&書籍のご案内
・こころのセミナー
・おすすめ書籍
お薬について
・精神科のお薬一覧
・お薬Q&A
・薬が誕生するまで
CNSネットワーク協議会協力医
・協力医ご紹介
ご寄附のお願い
・ご寄附のお願い

おすすめ書籍

 こころの病に悩んだときに、是非読んでいただきたいおすすめの書籍をご紹介いたします。

ツレがうつになりまして。3

  • 細川 貂々 著
  • 出版社:幻冬舎
  • 定 価:494円(税込)
  • 判/頁:文庫/134頁(単行本もあり)
  • 発行日:2009年4月27日
  • ISBN:9784344413023
  •  ストレスの多い現代社会で心の風邪ともいわれる「うつ病」になってしまった夫を、愛とユーモアで支える妻を描くコミックエッセイ。作者の夫であるツレがうつ病を発症してから克服するまでを一番身近な配偶者の立場でとらえた、リアルで客観性に富んだ闘病手記です。闘病中のエピソードと共に、かける言葉や接し方など、うつ病を患う人とうまく接するコツを分かり易く漫画で紹介する、深刻になりすぎない実用書です。

こころが晴れるノート2

  • 大野 裕 著
  • 出版社:創元社
  • 定 価:1,296円(税込)
  • 判/頁:単行本/132頁
  • 発行日:2003年3月19日
  • ISBN:9784442112831
  •  うつ病などのストレス障害に有効であることが実証されている「認知行動療法」の考え方や実践の仕方を分かりやすく説明している本です。ストレスを感じた時に起こりやすい、自身の物の見方や考え方の「くせ」を認識して、別の視点での捉え方を練習することにより、憂うつな気分や不安がしだいにほぐれる方法を見出していくものです。図表やイラストが多く、ワークブックに書き込みながらストレスの問題を解決していく実用的な一冊です。